KHJ愛媛県 こまどりの会ブログ

KHJ愛媛県こまどりの会は、ひきこもりを抱えるご家族のための会です。さまざまな悩みを共に考え合いながら解決の糸口を探していきましょう! 同じ悩みを抱えた方がお互いリラックスしてお話できる交流会(定例会)を開催しています。

10月度月例会を開催しました

KHJ愛媛県 こまどりの会 
10月度月例会を開催しました。

平成25年度厚生労働省社会福祉推進事業NPO全国ひきこもりKHJ親の会ピアサポーター養成研DVD)

「当事者の気持ちを感じ取り、家族第三者とつなげていく~ケース検討」(KHJ親の会カウンセラー・家族相談士高橋晋氏)の視聴
、かごめかごめの演習、懇談会など、愛媛県下の皆様にご参加いただき和やかな会となりました。

DSC_0195

DSC_0197

DSC_0199

DSC_0201

DSC_0203

DSC_0208

(研修DVDの内容より抜粋)


1ひきこもりの本質

 
 ひきこもりの青年の顕著な特徴として、良い子おとなしい子で育ってきていることが挙げられます。それは、人の気持ちに対する感受性が高く、無意識のうちに自分を抑えて、周囲の人の期待に沿って行動してきたということです。

 その積み重ねの結果、自分自身の感覚・感情・欲求とのつながりが希薄になり、人生が自分のものという感覚がなくなり、徐々にエネルギーが低下していきます。

 そして、何かのきっかけでつまずいた時に、ひきこもり状態が長期化します。

 

2自発的成長・回復とそのイメージ

 
 親や支援者がひきこもり本人と関わるときに、表面の動きにとらわれ過ぎると、本人が自分自身とのつながりを回復し人生を自分のものとして取り戻すという一番大事なことを損ねてしまいます。

 

3家族支援事業例理解のポイント


(1)暴力への対応

 暴力は、3種類に分けられます。

 ①自分の部屋やトイレの壁、自分の物に向かう-ストレス発散

 ②目立つ壁、親の困る物、親が怪我しない範囲で親に向かう暴力

  -親に対するメッセージ

 ③親が怪我をする危ない暴力

   ↓

<対処法>

 ②に対しては、親も本人も落ち着いてから親から声をかけ、親に聴く姿勢があることを積み重ね、言葉での主張に変えさせていくことです。

 ③に対しては、外泊や別居で距離を作り、親から電話・メール等で関係の再構築をします。

9月度月例会を開催しました

KHJ愛媛県 こまどりの会 
9月度月例会を開催しました。

平成25年度厚生労働省社会福祉推進事業
NPO法人全国ひきこもりKHJ親の会
ひきこもりピアサポーター養成研修の
DVD視聴:ひきこもりからの回復 新親のステップ等(KHJ副理事長・精神科医 中垣内正和氏)
、懇談会など、愛媛県下の皆様にご参加いただき和やかな会となりました。

DSC_0117

DSC_0122

DSC_0123_1

ひきこもりからの回復 

新・若者の10ステップ

 


①ひきこもるやり方ではどうにもならなかった


②重圧から開放されてくつろいだ


③居場所に参加した


④居場所を継続した


⑤もはや孤独でないことに気づいた


⑥必要な場合は医療を利用した


⑦学びたい学びを学んだ


⑧ボランティアやバイトで身体を動かした


⑨社会参加して生きる実感を得た


⑩自分の経験をいまだ苦しみ悩むひとたちに伝えた

 


ひきこもりからの回復 

新・「親の10ステップ」


①今までのやり方ではうまく行かなかった


②世間体や人並みを焦り、堂々めぐりから深刻化した


③ひきこもりの一因は、母親の過保護・過干渉と父親の妻任せ・過剰な重圧にあると気づいた


④世間体を恐れることなく、問題解決のために「第3者の風」を求めた


⑤夫婦そろって「親の会」「家族会」に参加し、安心と癒しと勇気と元気を得た


⑥若者の全体状況を把握し、親の価値観を基準にしないことにした


⑦親自身が人生を楽しむことが必要であることに気づいた

⑧問題を見きわめ、解決が可能と知り、一喜一憂しないことにした

⑨動き始めた息子・娘と、ともに歩むことにした

⑩自分の経験をいまだ苦しむ親や当事者に伝えた


イベント案内

ひきこもり家族教室のご案内

愛媛県心と体の健康センターでは、ひきこもりに悩まれているご家族を対象に家族教室を実施します。日々の生活の中で悩まれていることや、不安なお気持ちを抱え込まれていませんか?教室では他のご家族とゆっくりお話していただく時間も設けています。お気軽にご参加ください。

※教室は事前申し込み制となっています。下記までご連絡ください。

<申し込み先>

心と体の健康センター「ひきこもり相談室」
電話089-911-3883
※申し込み締め切り 9月11日(木)

対象:ひきこもりに悩まれているご家族
(ご本人が18歳以上)

場所:愛媛県総合保健福祉センター1階研修室
(松山市本町7丁目2番地)

9月25日(木) 13:30~15:30 
 「ひきこもりについて」

10月30日(木) 13:30~15:30
 「本人と向き合うためのソーシャルスキル
 トレーニング①」

11月20日(木) 
13:30~15:30 
 「本人と向き合うためのソーシャルスキル
 トレーニング②」

12月11日(木) 13:30~15:30 
 「教室のまとめと医師への質疑応答」

DSC_0152~2