KHJ愛媛県 こまどりの会(ひきこもり家族会)

KHJ愛媛県こまどりの会は、ひきこもりを抱えるご家族のための会です。さまざまな悩みを共に考え合いながら、解決の糸口を探していきましょう。お気軽にご参加ください。

子供を中年『引きこもり』にしない、7つの心得

子供を中年『引きこもり』にしない、7つの心得

何でも手出しをしない、親の意見を押し付けない


①「カーリングお母さん」にならない


「子供が道(人生)を歩く際、先に石をどけてしまっては、転んでも自分で立ち上がる力がつきにくくなってしまいます」
本人が助けを求めるまでは、親はなるべく手出しはしないこと。


②「子供のことは何でもわかる」という思い込みを捨てる


「たとえ口答えをしなくても、親を悲しませたくないから黙っているだけかもしれません。親は子供の考えをわかっていないものだ、と思うぐらいでちょうどいいのでは」


③ひきこもりを「恥」と思わない


「誰かに相談することで気持ちが楽になったり、具体的な助けを得られることも。精神保健福祉センターや自治体の福祉課、保健所など、とにかく外部に相談を!」


④子供の身になって考える


「社会の環境も変化し続けています。自分たちの常識だけで判断せず、いま、子供が置かれている状況を考えてください」


⑤「どんな状況でもあなたを受け入れる」という気持ちを子供に伝えること


「子供は他人ではなく、親から『大丈夫だよ』と言ってもらいたいものです」


⑥夫婦間のコミュニケーションをしっかり取る


「父親と母親で態度が異なると、子供は心が開けません。夫婦間の足並みをそろえることは重要です」


⑦趣味など、自分の生活を楽しむ


「子供は、親に申し訳ないと思っているもの。親が楽しそうにしていることで、本人のプレッシャーも軽減します」

愛媛県こまどりの会連絡先


KHJ愛媛県 こまどりの会  会長 武田 邦寛 

電 話 090-7578-4214 (担当 武田)

メール 
ktroad9990@gmail.com

7月度KHJ愛媛県こまどりの会月例会のご案内


2014年7月度の月例会のご案内

子供さんのことで、気が休まることもなく、日々つらい思いを抱えたままお過ごしの方もいらっしゃるかと思います。私たち親の会は、そのような親御さんが少しでも気持ちが楽になり、ホッとしていただくため、毎月1回例会を開いております。親同士が互いに経験を話し合ったり、共に学びあったりしながら、解決の糸口を一緒に探していきませんか。気軽にご参加ください。心よりお待ちしております。

日時:平成26年7月13日(日)13時~16時30分 
※お時間とれる範囲でご参加ください

場所:愛媛県身体障害者福祉センター2階大会議室
松山市道後町2丁目12-11(ひめぎんホール裏側) 電話089-924-2101

内容:第1部 DVD視聴による研修「ひきこもりの理解」
    第2部 少人数に分かれての懇談会

参加費:1家族1000円


※8月の月例会はございません。9月以降は後日お知らせさせていただきます。